読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のこころ

こぶりな暮らしで生活を豊かにすることをポリシーにしている30代女のブログ

時短で簡単!エビとホタテとマッシュルームの【あつあつアヒージョ】レシピ

アヒージョって食べたことありますか?それは、お店で?家で?

魚介類と熱々のオイルをバケットと一緒にいただくと、本当に美味しいですよね。

お店で食べる物だと思っていたアヒージョですが、作ってみたら想像以上に簡単で短時間で出来ることがわかりました。スペイン料理店の雰囲気を、家庭で気軽に楽しめるなんて嬉しいですよね。

今回はアヒージョを簡単に、より短時間で作れるレシピをご紹介します。

具材はお好みですが、バケットは必須ですよ。

f:id:nokokoro:20161202172227j:plain

時短で簡単アヒージョの作り方

スポンサーリンク

 

材料を準備する

準備する材料はこちら

  • エビ(ボイル済み)
  • ホタテ(ボイル済み)
  • マッシュルーム
  • オリーブオイル
  • ニンニク 1かけ
  • アンチョビ 2本
  • クレイジーソルト

(お好みで)

  • 鷹の爪 1本
  • ブラックペッパー・パセリ

Point:魚介類は生ではなく既にボイルされた物を用意します。ボイルされていると時間と手間を省くだけでなく、プリプリ感は変わらずによく味の染みたアヒージョが出来上がりますよ。

作り方

材料の下準備が完了したら、残りはたったの5分で作れてしまいます。5分間はあっという間ですから、手順をまず頭に入れて調理をスタートしましょう。そしてできたら熱々をすぐにいただきましょう!

工程は4つです。

  1. 材料の下準備
  2. オイルを温める
  3. 具材を煮込む
  4. バケットを焼く

材料の下準備

ニンニクとアンチョビはみじん切りにして、具材は食べやすい大きさに切ります。

マッシュルームやホタテはそのままの方が見栄えが良くて、下準備の時間もかからないのですが、バケットにのせて食べる時に大きすぎると食べ辛いので、切ってしまいます。

f:id:nokokoro:20161202172234j:plain

バケットは1㎝ほどの厚みに切ります。

はい、下準備完了です。ボイルされている魚介類を使うから早くて簡単です。

オイルを温める

さて、ここから5分間で作ってしまいますよ。

オリーブオイルにニンニクとアンチョビ(大人用は鷹の爪)を入れて弱火にかけます。ニンニクにじっくり火を通してオイルに味を染み込ませる方法はペペロンチーノと同じです。

f:id:nokokoro:20161202172246j:plain

この時にアンチョビのオイルも少し入れてしまいます。旨味が染みたオイルですからね。

Point:マッシュルームは火が通ると少し量が減るので、オイルの量は具材の下3分の1が浸かるくらいでちょうどいいです。

具材を煮込む

ニンニクがチリチリ踊り出したらクレイジーソルトと具材(エビ、ホタテ、マッシュルーム)を入れて、蓋をして弱火から中火で3分間煮込みます。

f:id:nokokoro:20161202172331j:plain

アヒージョはニンニク風味のオリーブオイルで煮込む料理なのですね。

Point:オイルが蒸発してしまいますから、蓋をして煮込んでくださいね。

乾燥バジルや塩、胡椒で味付けをしてもいいのですが、クレイジーソルトがあればそれだけでいい味がついて、簡単です。

バケットを焼く

アヒージョの具を入れたらすぐにバケットをトースターに入れて約2分半焼きます。おうちのトースターによって焼き加減は調整してくださいね。

熱々の出来立てをいただくためには、同時進行でササッと作りますよ。

トースターで焼いている間に、お鍋の具を少しかき混ぜて、上下にまんべんなくオイルが浸るようにして、また蓋をしましょう。

f:id:nokokoro:20161202172400j:plain

3分間煮込んだら仕上げにブラックペッパーとパセリをふります。同時に焼きあがったバケットを盛り付けて食卓に並べたら完成です。

いただきます!

焼きたてのパリッとしたバケットに熱々のマッシュルームを乗せていただきましょう。エビもホタテも短時間しか煮込んでいませんが、プリっとして、味もしっかりしみこんでいます。

長く煮込むと小さくなって硬くなってしまいますから、煮込むのは3分までが良いですよ。

f:id:nokokoro:20161202172423j:plain

ザクっとしたバケットに素材の旨味がたっぷりのオイルを染み込ませると…それはもう…。作ってからお楽しみください。

マッシュルーム、エビ、オイル。マッシュルーム、ホタテ、オイル、オイル、オイル。たくさん焼いたバケットがあっという間になくなってしまいます。

バケットがない時には、食パンの一番端っこを細長くカットしてしっかり目に焼いて一緒に食べることもあります。クラッカーだと少し物足りないので、やはりバケットは必須です。

アヒージョって家庭で簡単に作れるんですね。何でもやってみないと分かりませんね。短時間で作れることが分かったので、具材や味付けを変えてこの冬何度も楽しみたいです。

調理道具紹介

ペッパーミル

片手で使えるペッパーミルをずっと探していたのですが、なかなか見つかりませんでした。長い耳がついたウサギのような形の商品はありましたが、シンプルな物が好みなのです。

どのお店で見ても両手を使うものか、電動で大きいもの、カラフルなものばかりで気に入ったものがなかなかありません。

そんな時アメリカに行く機会があって、キッチンツールの専門店で見つけたのです!シンプルでコンパクトなデザインで、片手で使えるペッパーミルを。(上の写真に写っている物です)

やっぱり海外は違うなー、いい物買えて良かったなーと今まで思っていたのですが、Amazonに売ってましたよ。なんだ。

挽きたての黒胡椒はとってもいい香りで、ピリッといい味を効かせてくれます。ステンレス製で清潔です。

スキレット

ニトリの15センチのスキレットを使っています。

ニトリ 6インチ スキレット

ニトリ 6インチ スキレット

 

このまま食卓に出すと豪華に見えるだけでなく、熱々を維持してくれる優れものです。朝食にウィンナーを焼いてそのまま出すのもお手軽です。

スキレットでは分厚さと蓄熱性が高いので、ハンバーグやステーキをワンランク美味しく焼けるのです。もう一回り大きいサイズが欲しい。

使った後はしっかり洗って水気を取らないと錆びてしまうので、ご注意ください。

調理道具を大切に手入れをして愛でるのも、料理の楽しみの一つです。子ども達が寝静まった夜に、次に何を作ろうか考えながらスキレットにオイルを塗りこむ作業も、私の好きな時間です。