のこころ

ポリシーは こぶりな暮らしで豊かに暮らす こと

焼き餃子の美味しい食べ方〜薬味を添えてサッパリ香り豊かに〜

焼き餃子、美味しいですよね。 大好き焼き餃子!

焼き餃子に酢醤油をつけてがぶりと頬張るのは最高で、ご飯と一緒に何個も食べれちゃいます。 シンプルな焼き餃子も良いのですが、薬味を添えていただくのはいかがでしょう?

熱々で肉汁たっぷりのジューシーな焼き餃子に薬味を添えて、サッパリと香り豊かに、栄養もとりながら美味しくいただくのが我が家の定番です。

焼き餃子を美味しく食べたい

薬味と一緒に餃子を楽しむ

 

焼き餃子に添える香り豊かな薬味5選

焼き餃子に香りや食感の良い薬味を添えて、味に変化をつけながらいただくのが好きなんです。特に大好きな薬味が次の5つ。

  • かいわれ大根
  • 大葉
  • 大根おろし
  • もやし
  • 青ネギ

餃子に添える薬味のポイントは”香り””食感”です。

かいわれ大根と大葉は洗って切ってそのまま一緒に添えるだけなのですが、大根おろしともやし、青ネギは少し工夫しています。ちょっと手をかけるだけで美味しくなるんです。

焼き餃子に添える薬味

大根おろしに白だしを混ぜて風味付け

好きなんです、大根おろし。大根のピリッとした辛さとみずみずしさ、すっきりした甘みが口の中をサッパリしてくれますよね。

ただ、餃子と一緒にいただく時にはすりおろした大根そのままではなくて、白だしを少し混ぜるとすっきりした大根の味はそのままで風味が良くなります。

ハンバーグや出し巻き卵に添える時にも、白だしは効果的です。

もやしはシャキッと炒めて

もやしはごま油をひいたフライパンで火力を上げて短時間でシャキッと炒めます。鶏ガラ少しに胡麻をふってほんのり味をつけます。茹でると水っぽくなるし、塩胡椒を使うと味が強すぎてしまいます。

シャキシャキの食感を残して風味を引き出す程度に鶏ガラで味付けしたもやしは、餃子のお供にぴったりになります。

青ネギには胡麻油でパンチを効かせて

薬味用の細い青ネギを5㎝ほどに切って、塩と炒りごま、ごま油を加えてサッと混ぜるだけ。たったそれだけでただの青ネギからパンチが効いた薬味になります。

私これが大好きで、焼肉と一緒にいただいたり、ラーメンの上にも載せちゃいます。

気持ちの問題かもしれませんが、岩塩だと引き締まった味になりませんか?シンプルな味付けだからこそ、ガリガリッと挽いた岩塩が効きます。

SONNENTOR ソルト ヒマラヤピンクソルト 90g

SONNENTOR ソルト ヒマラヤピンクソルト 90g

 

丸く餃子を焼くのが好き

フライパンで作る香り豊かで美味しい餃子の焼き方

家庭で焼き餃子を作るとき、フライパンに丸く並べてパリッと焼きあげるのが好きです。”香り豊かに”焼きあげる我が家の餃子の焼き方はとっても簡単です。

油を薄くひいたフライパンに餃子を丸く並べてから火をつけて、お湯を入れて蒸し焼きにします。チリチリと音が聞こえてきたらフタを開けてごま油をスプーン1杯フライパンの淵から回し入れて、最後にカリッと焼き上げます。

焼き目の香ばしさに、ごま油の風味がふわりと香る美味しい餃子の出来上がりです。

餃子がくるりと並んだ姿がいいんですよね。1回で20個が均等にきれいに焼けるし。 お皿をかぶせてフライパンをひっくり返すと、ぽんっと盛り付けられるのもお手軽。

焼きたての餃子を大葉と一緒にいただきます

何はともあれ焼き餃子は美味しい!

薬味の準備は餃子を焼く前にササッと済ませておいて、焼きたて熱々の餃子と一緒にがぶりといただきましょう!

まずはそのままひとつ。続いて大葉でひとつ。次は大根おろしとかいわれを一緒にひとつ。やっぱりそのまま もうひとつ。青ネギ添えて またひとつ。ご飯が進むよ もうひとつ。おまけにどうぞ もうひとつ♪ (リズム♪に乗ったら楽しくなっちゃいました)

そのままでも美味しい焼き餃子なのですが、薬味があることでいつもよりもたくさん食べられちゃうんです。食べすぎちゃっても何だかさっぱりといただけるんです。

暑い日には栄養もたっぷりで美味しい餃子で元気をつけたいですね!あなたはどんな食べ方がお好きですか?

あ、そうそう。ポン酢に柚子胡椒を少し入れて食べるのも、また一味違って良いんですよね。柚子でさっぱり もうひとつ♪