のこころ

ポリシーは こぶりな暮らしで豊かに暮らす こと

時短勤務、迷惑かけてごめんなさい。上司に言われて辛かった言葉

私は育児時短勤務制度を利用しています。

時短勤務をしていると、上司や同僚に迷惑をかけているという思いがあるので、肩身が狭く感じることも多々あります。職場の人は協力的でとても助けてもらっているのですが、誰もがいつも仏のように対応してくれるわけではありません。

繁忙期などの状況によっては厳しい事を言わなければならない事もあるのでしょう。

職場の人から厳しい言葉をかけられた時には、申し訳ない気持ちと、頑張らないといけないという気持ちと、やりきれない気持ちを感じます。その言葉が辛くて、もう仕事を辞めたいと思ったこともあります。

時短勤務で迷惑かけてごめんなさい

職場に時短勤務の人がいたら迷惑ですか

 

体調管理に気をつけています。しかし・・・

子供を保育園に預けて、約1年の育児休業を終えて職場復帰しました。

「たくさん休ませてもらった分しっかり働くぞ!」と気合を入れて仕事に取り組み始めて数日で、登園していた子供が熱を出したと保育園から連絡が入りました。

子供自身も保育園での集団生活には慣れていません。緊張や疲れ、生活環境が変わった事で体調を崩しやすくなります。それはわかっているのですが、復帰したばかりで仕事を教えてもらっているところで「帰らせてください」ってとても言い難い。ただでさえ時間を短くして働いているのに、早退ですから。

それでも子どもが体調を崩した事を報告し、早退させてもらいたい事を上司に伝えた時に言われた言葉は…

「仕方がないよね。早退するのはわかったけど、体調管理くらいしっかりしてよ」

私は「ご迷惑おかけして申し訳ありません」とお詫びを申し上げ、早退をさせていただきました。

仕事を頑張りたい気持ちと状況の狭間

年に数回、仕事がとても忙しい時期があります。

時短勤務を利用しているので、通常より働く時間は短いですが、正社員である事には変わりありません。責任を持って仕事に励む気持ちは、もちろん他の方と同じです。

忙しい時期は取り組んでいる仕事が終わらないうちにもどんどん仕事が降ってきます。勤務時間が短い分、効率よく進めようと工夫して仕事には取り組んでいるつもりです。それでも追いつかないほど仕事が溢れてくるのです。

午後になり集中力も途切れてきたし食事休憩をしておりました。ちょうど出先から戻ってきた上司から「進捗はどう?」と聞かれたので現状をお伝えすると、「休憩している場合?」とのお言葉。食事を切り上げてデスクに戻り、仕事を進めました。

定時を過ぎても終わらず、進捗が思わしくない事を上司に改めて報告した時に言われた言葉は…

「状況は分かったけど、どうするの?あなたがやれなきゃ私がやるしかないんだから」

これ以上残業するなら誰かに子供のお迎えを頼まないといけない…残業するなら事前に手配していないと厳しい…そんな思いは胸にしまいました。

私は「明日早く出社すれば今日の残りは完了できる予定です。申し訳ありません」とお詫びを申し上げ、帰宅させていただきました。

人間関係は大事だと思うから無理をすればできる。でも・・・

部署に配属して5年経ち、新しい役割を任されてモチベーションも上がって懸命に仕事に取り組んでいました。

ある日、遠方の取引先の方が来るので、夜の食事会に同席できるか翌日までに連絡するようにと上司から話がありました。飲み会です。「確認して連絡致します」とお伝えし、その日は定時で帰社しました。

とてもお世話になっている方なので、直接お会いして話ができたら、今後の仕事にもつながるでしょう。 しかし昨晩から子供の調子が良くない。今日は何とか保育園には行ったけど、夕方の状況を見ても、早く寝かせて身体を休ませないと今週無事に乗り切れないと思われる…

飲み会に行くとなるとお迎え、夕飯、お風呂、寝かしつけまでを頼まないといけない…こんな体調で普段と生活リズムが変わるのは厳しい… 状況から判断して、飲み会への参加はできない事を上司に連絡しました。

電話口の上司は…

「こんな時くらい何とかしてよ」

私は「調整できず、申し訳ありません」とお詫びを申し上げましたが、もう既に電話は切れておりました。上司の言葉が辛い

子育てをしながら仕事をすることは、迷惑でしかないのかな

職場でこのような事を言われると、とても心穏やかではいられません。 私が時短勤務を利用することで、他の方の業務が多くなっていることは承知しています。とても申し訳ないと思っています。

仕事を怠けているわけでは無いので、胸を張って定時に帰れば良いんだと言ってくれた人もいましたが、なかなかそんな風に振る舞える人も少ないでしょう。

ご迷惑をおかけして、申し訳ありません…。

時短勤務中の今、私にできること

甘えていると言われてしまうかもしれませんが、今は仕事の全ての責任を請け負って働くことができません。全ての責任を持たないことが、今私が果たすべき責任だと思っています。

息子も小学生になって、急な発熱等はだいぶ減りましたが、それでも子供の体調不良で5日間仕事を休んだこともありました。そんな時に私が全ての責任を負っていたら、どうなるでしょう。

いつだって、自分がいなくても誰かが対応できる状態にしておくことを心がけて仕事をしています。それは進捗報告だったり、書類や物の整理だったり、優先順位をつけて仕事をする事だったり、とても小さな事です。

もちろん仕事には誠意を持って対応する必要がありますが、子供が不調であれば仕事にも集中できません。周りに迷惑なのは承知で割り切って休むことも、子供のためにも自分のためにも必要です。

お休みや早退をいただいて、翌日出社した時は「お休みをいただき、ありがとうございました。おかげで子供の体調も回復し、登校することができました」と、お休みをもらったことに対しては、お詫びではなくお礼を伝えるようにしました。

仕事に対しては「ご迷惑おかけして申し訳ありませんでした」とお詫びをし、進捗を確認して短い時間でより効率的に仕事を進めるように励みました。

未来を見て前に進もう

今後長く勤めていこうと思ったら、子育て期間の数年間は長いようで短い期間です。子育て真っ只中にある今はすごく大変で辛い思いをすることもありますが、この先3年後、5年後、10年後の事を考えてみるとどうでしょう。

これから先に自分がしてもらった恩を返していくことができるのではないでしょうか。

次のページ:時短勤務は何時から何時まで?勤務時間を決めるときに大切にしたい事