のこころ

ポリシーは こぶりな暮らしで豊かに暮らす こと

失敗談。子供会役員初めてのお仕事はトラブル続き

子ども会の役員を引き受けることになって迎えた新年度。ついに役員としてのお仕事が始まりました。私の引き受けた役割は書記です。

関連記事:子ども会の年間行事と役員のお仕事 

気を引き締めて最初の仕事に取り掛かったのですが、しっかり務めなければ!という気持ちが空回りして失敗続きのスタートとなりました。

今年1年間やり遂げられるのでしょうか…心配です。

子ども会役員の失敗談

トラブル連続の子供会役員初仕事

スポンサーリンク

 

風のいたずら

子供会役員として一番最初のお仕事が、町内の廃品回収の日程をお知らせする文章の作成と印刷でした。

案内文の作成はとっても簡単なのですが、作成した物を配布・掲示しなければなりません。 作成した案内文を持って、分担して決めた自分が担当する地域の掲示板を回って行きます。

最初の掲示板への貼り付け作業は、案内文の四隅を画鋲で止めたら少し後ろに下がって見て、傾いたりずれたりしていないか確認しました。

よし!OK!と、次の掲示板に向かって一歩踏み出したところで強い風が吹き付けてきました。春一番でしょうか。晴天の青空ですが、風が強くて木の葉がザワザワと大きく動くような日でした。

ザーっと風が通り過ぎ、煽られた髪を上げてふと振り返って掲示板を見てみると…さっき貼り付けた廃品回収の案内文が風の勢いで敗れてしまって、画鋲1個にかろうじてくっついた状態でバサバサと風に揺れているではありませんか。これはいけません。

もう一度、今度は念入りに画鋲を6個使って廃品回収の案内文を掲示板にしっかりと貼り付けました。

さて、次に行こうとするとまたも強い風が吹き付けてきます。ザザーっ…

振り返ると案の定、風の勢いで画鋲が吹き飛び、紙は敗れて風に揺られています…。

もう一度、今度は念には念を入れて画鋲を8個使って掲示板にこれでもかと言うほど頑丈に貼り付けました。そして、もう振り返らずに大急ぎで次の掲示板に向かいました。

教訓:掲示物の印刷には上等な分厚い紙を使うこと

自転車が隔離された!?

隠された掲示板と隔離された自転車

次に向かった先は、地域の中でも特段大きなマンションの掲示板です。

私はこれまで1度も入ったことがありませんでしたが、間接照明がお洒落なエントランスには共用で使える豪華なソファーセットが置かれて、生花が飾られているようなマンションです。

町内を自転車で移動してきた私は、到着と同時にマンションから出てきた人と入れ違いに自転車置き場に駐輪して、掲示板の場所を探し始めました。しかし、なかなか掲示板が見つかりません。

もう一度駐輪場から外に出てマンションの裏側を探しに行きましたが、やはり見つかりません。マンションに住む人に電話をしてみてもつながらないので、ここは後回しにすることにして自転車を取りに行こうと思ったら駐輪場の自動ドアが開かないのです。

来た時には普通に入れたのに、どうやっても自動ドアが微動だにしません。あれ???来た時の事をもう一度よく思い出してみると・・・

「到着と同時にマンションから出てきた人と入れ違いに自転車置き場に駐輪して…」

そうです。たまたま中から出てきた人のおかげで自動ドアが開いたのですが、通常であればセキュリティーカードを持っている人しか入れない場所に自転車を停めてしまったのです。

私が10年来愛用している自転車のこのこ号(ただの古びたママチャリ)がガラスの自動ドア越しに停めてあるが見えているのに、その場所に入る事が出来ません。

・・・ど、どうしよう。

掲示板もないし、自転車も隔離されてしまって困惑してマンションの前をオロオロとしていたところに、一人の男性が通りかかりました。「すみません、子供会の係りで案内文の掲示をしに来たのですが・・・自転車が・・・」と事情を話すと、その男性はマンションの管理人さんでした。

少々怪しまれてしまいましたが愛用の自転車を救出していただく事ができました。掲示板は住人しか入れないスペースにあるので、管理事務所の郵便受けに入れておけば管理人さんが掲示してくれるとの事でした。よかったぁ。

教訓:オートロックマンションは油断しないこと

失言

なんとか全ての担当地域の掲示物を貼り終えた私は、会長のお宅に向かいました。役員4人で集まって 最初のイベントである新入生歓迎会の打ち合わせをするためです。

集合時間や持ち物、イベント内容まで、打ち合わせは順調に進んでいたのですが、会長から1つ資料が足りないがどうなっているのか聞かれました。

その資料は事前の連絡で会長が用意すると聞いていた資料だったので、そのまま「あれ?会長が用意するとおっしゃっていたので、こちらでは作成しなかったんですが…」そう言った瞬間、会長のこめかみがピクピクって動いたのは気のせいではないでしょう。

会長の表情を見て、しまった…言い方を間違えた…と思った時には既に遅かった。

もしかしたら私の勘違いだったかもしれないし、勘違いじゃなかったとしても役割が多くて大変な会長を配慮した言い方があったはずです。帰宅後すぐさま資料を用意しました。

教訓:いかなる時も思いやりと配慮を忘れずに

なんとか頑張る。頑張るしかない。頑張れ。

最後に

はぁ・・・。こんなスタートで1年間の役員の任期をしっかりと務めることができるのでしょうか。不安です。

最初に行った掲示板は、8個の画鋲で頑丈に廃品回収の案内を貼り付けていたのですが、既に何度も風にあおられて紙がビリビリになっていたので、クリアファイルに挟んだ新しいものを掲示し直しました。屋外の掲示板には風雨対策が必要だということがわかりました。

こうやって少しずつ進歩していけば良いですよね。

今日も子供会役員の集まりがありましたが、やっぱり一番難しくて苦手なのが人付き合いです。今回学んだ教訓を活かして、なんとか頑張ろうと思います。

頑張るしかない。頑張れ。