読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のこころ

ポリシーは こぶりな暮らしで豊かに暮らす こと

【ローソン】プレミアム熟成宇治抹茶のロールケーキは辻利一本店こだわり抹茶の香りがすごい

ローソン、ウチカフェスイーツのプレミアムロールケーキは定番のコンビニスイーツですね。

スポンジとクリームがしっとりしていて、冷やして食べるととても美味しいです。

 

そんなプレミアムロールケーキの抹茶味「プレミアム熟成宇治抹茶のロールケーキ」が新発売されています。

ただの抹茶ではありません、熟成宇治抹茶です。

 

抹茶好きな息子に報告しなければ。 

f:id:nokokoro:20160609063013j:plain

プレミアム熟成宇治抹茶のロールケーキ

発売日 :2016年6月7日
商品名 :プレミアム熟成宇治抹茶のロールケーキ
価 格 :195円(税込)
カロリー:219kcal
 

熟成させた辻利一本店の宇治抹茶を使ったロールケーキです。熟成した抹茶は雑味が取れてやわらかい味になり、旨みがより一層引き立ちます。ふんわり口どけの良い生地、純生クリーム使用のホイップとも相性抜群です。

 f:id:nokokoro:20160609062506j:plain

抹茶が濃い!

プレミアムロールケーキは柔らかいクリームがたっぷり入っているので、スプーンでいただきます。
スポンジとクリームどちらにも抹茶が入っています。
 
一口食べるとクリームの滑らかな口当たりの後にすぐ、抹茶の香りが口の中に広がります。
クリームの抹茶色は濃くないのに、抹茶の味がすごくするのです。ほんのり苦味のある味と香りがして、あまり甘くない。
 
純生クリームも柔らかめにホイップされていて、濃厚生クリームなのに重くなくて、これまでのプレミアムロールケーキの良さを引き継いでいます。
 
やはり注目すべきは辻利一本店の熟成宇治抹茶です!
熟成宇治抹茶だからこそ、純生クリームに負けないこの苦味と引き立つ香りが出てくるのでしょう。

f:id:nokokoro:20160608113347j:plain

辻利一本店の宇治抹茶

「辻利」は1860年に辻利右衛門さんが京都府宇治市に創業し、現在は「株式会社 辻利一本店」として創業から5代目の社長が継承しています。

京都宇治は、昼夜の温度差によって霧が発生しやすく、降水量にも恵まれている事から良質なお茶の生産地として知られています。

 

「辻利」は事業を拡大していく中で暖簾分けや分家、看板貸与、共同出資という形で日本各地に存在しますが、「辻利一本店」は創業者辻利右衛門の心を忘れずに良質なお茶を販売する辻利の本家です。

 

そんなお茶の老舗「辻利一本店」の抹茶は、お茶づくりの産地宇治の中でも厳選した茶葉を使って、昔ながらの石臼挽き製法にこだわって、より良質で香り豊かなお茶にこだわって作られています。

 

その抹茶を作る工程で熟成させると、滑らかさに柔らかさが加わり、調和がありながらも複雑性を感じる味わいの抹茶に仕上がるそうです。

 

 まとめ

甘さが控えめで、こだわりの抹茶を使った、深い味わいの抹茶スイーツです。
早速家族の分も買って夜のデザートにいただきました。
 
夕飯前に冷蔵庫にロールケーキが入っているのを見つけた長男が「冷凍庫でちょっと凍らせて食べようよ!」と、食事中の約30分冷凍庫に入れていました。
冷凍庫から出して食べてみると、ひんやり冷たくて、クリームが少し凍って一部アイスクリームのようになっています。
 
すごく美味しい!!
半冷凍の「プレミアム熟成宇治抹茶のロールケーキ」みんなでスプーンですくって、いただきましょう!