のこころ

ポリシーは こぶりな暮らしで豊かに暮らす こと

レゴランド名古屋の混雑状況とスムーズに入園するコツ

レゴランドジャパン名古屋1st to playのプレビューデーに3月19日、20日の2日連続で行ってきました。

19日には入園時には既に年間パスポートの発行枚数が上限に達していて、自分のパスポートを受け取ることができませんでした。 反省を活かして20日には無事に年間パスポートを受け取って、尚且つレゴのプログラミング教室【ロボティック・プレイセンター】の予約もうまく取れました。

開園の何時間も前から行って並んで待つのは、子も親も疲れてしまうのでしたくありません。なるべく待ち時間を少なく、子どもも飽きずに疲れずに入園するコツをまとめました。

何時に行って、どんな行動をしたのか、プレビューのオープンでうまくいった実例をご紹介します。

プレビューデーの混雑状況

レゴランド名古屋の入園待ち時間を回避するコツ

スポンサーリンク

 

3月19日:9時半に来園した時の様子

9時半にレゴランドの手荷物検査を通って入り口に到着した時には既にゲートが開いて入園が始まっていました。

手荷物検査ではカバンを開いて見せて、危険物や飲食物の確認をします。持ち込み禁止の物などはレゴランド年間パスポートの受け取り準備をしてスムーズに入園しよう!でまとめていますのでご確認ください。

持ち物検査

入園待ちの行列はゲートから一番奥のトイレ前まで続いていましたが、順番に前に進んでいきます。並んでいる間に子どもはトイレに行っておくと良いですね。

9時半に並び始めて、実際に入園できたのは10時ちょうど、順番待ちをした時間は約30分でした。列の右側の方に並んでいたのですが、左側の方が流れがスムーズだったように思います。

ゲートを通る時にスタッフさんに年間パスポートの発行はできるのか確認したら、既に発行上限枚数に達していると教えてくれました。まだ10時なのに!?

この日は年間パスポートの受け取りはできなかったので、パークのアトラクションを満喫しました。

3月20日:9時10分に来園した時の様子

年間パスポートを何とか受け取りたいと思い、前日の反省を活かして少し早めの9時10分にレゴランド前に到着しました。結構早く出たつもりでしたが、たった20分しか早く出発していませんね。

レゴランド9時10分の様子

ゲートが開く前

まだゲートは開いておらず、入園待ちの列はゲートから一番奥のトイレ前まで続き、そこからさらに折り返してゲート前まで続いています。 昨日よりすごい人…これはかなり待つかなと思ったのですが、横に6人ずつ並ぶように整列されるとぐぐっと前に進み、トイレ手前くらいまでに列が縮まりました。

先頭のゲート前にいる人達は何時間も前から来ているのか、レジャーシートを広げて座っている方もいました。

9時半までゲートは開かなくて列も進まないので、その間子どもたちは入り口にいるおしゃべりするレゴロボットと戯れて遊んでいました。

9時半ゲートが開く

9時半になってゲートが開くと、行列がどんどん前に進んでいきます。

横に広く並んでいるのですが、パーク側の列はなかなか前に進んでいきません。 スムーズに入園するにはパーク側とは反対の、進行方向を向いて左側の列に並ぶ事をお勧めします。

左側がスムーズです

たくさんの入園ゲートがあるので、列の左側に並んでいると奥にあるゲートに向かって列がスムーズに流れていきます。9時半にゲートが開いて入園したのは9時40分です。 たったの10分でトイレ前からゲートまで進めたので、とても早く人が流れていることがわかると思います。

9時10分に並び始めて、実際に入園できたのは9時40分なので、順番待ちをした時間は約30分。前日と変わらない待ち時間でした。

入園したら右側に進んで年パスゲット!

ゲートが開いてもまだパークのオープンの10時までアトラクションで遊ぶことはできません。

入って左側に進むとパークの入園待ちの列があり、右側に進むと年間パスポートセンターがあって整理券を配布しています。

またここでパークが開くまで無駄に待っているのももったいないので、まずは年間パスポートの整理券をもらいましょう。年間パスポートの発行可能枚数には上限があります。整理券を受け取るだけならたいした時間はかかりません。

年間パスポート整理券

3月のみ設置されている年間パスポートセンター前に行くと次から次へと整理券を配布していました。並ぶこともなくすぐに整理券を受け取ることができました。

1st To PLAY限定デザインパスポート・限定レゴブロック

券に書かれた指定の時間に再度年間パスポートセンターに行くと、発券してもらえます。

顔写真入の1st To PLAY限定デザインのパスポートと、特典のレゴブロックです。

続いてプログラミング教室の予約も!

年間パスポートセンターのすぐ隣にプログラミング教室をしているロボティック・プレイセンターがあります。

まだ10時になっていないのでパークも開いていません。アトラクションは後からでも全然乗ることができるので、どうせ待つならプログラミング予約の列に並んで待つ方が時間を有効に使えます。

ロボティック・プレイセンターの前には、子どもが遊んでいられる小さなスペースがあって、大きくて柔らかいレゴブロックも置いてあります。

子ども達はそこで遊んでいられるので、人混みの中に紛れて立っているのとは全然違って楽しく時間を過ごせます。

9時45分頃に並んだ私の順番は前から20番目くらいだったと思います。 10時になると受付を開始してすぐに順番が回ってきて予約券を受け取りました。

レゴ・プログラミング予約券

プログラミングの開始時間はいくつかあるので、年間パスポートの受け取り時間に合わせると、無駄な動きをしなくて済みますね。

ワークショップとプログラミングのコースはこちらの記事で詳しく書いていますので合わせてお読みください。

関連:レゴランドでプログラミング体験!ワークショップは朝一番に予約必須

プログラミングの予約が終わって建物から外に出ると、すでにパークも開かれていて、どこからでも園内に入っていけましたよ。

最後に

私が参加した3月19日、20日のプレビューデーでの混雑状況を振り返って、最適な行動をまとめてみるとこうなります。

  • 10時入園では年間スポートは受け取れなかった
  • ゲートが開く9時半より少し前に行くとスムーズかつ早めに入園できた。
  • 入園待ちの列は左側の方がスムーズに人が流れる
  • 最初に年間パスポートの整理券を受る
  • パークが開かれていないならプログラミング予約の列に並ぶ
  • 9時45分ならプログラミング予約の列で約20番目だった

来園する日によって混雑状況やパスポートの発行状況が異なりますので、同じように行動すれば必ず年間パスポート受け取りもプログラミングもできるわけではありませんが、一つの例として参考にしていただけると幸いです。

レゴランドジャパン名古屋に入園後の攻略方法についてはこちら【名古屋レゴランドジャパン、当日困らないための攻略方法 | T3】の記事を読まれると参考になると思います。

旅行ガイドメディア「たびねす」でも旅行情報を発信しているERIKOさん (@eriko_travel) のリアルな情報が満載です。初めて行く方は必読です。

次のページ:大人気アトラクション、サブマリン・アドベンチャーの混雑状況