読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のこころ

ポリシーは こぶりな暮らしで豊かに暮らす こと

レゴ・ロボティック・プレイセンターで初めてのプログラミング体験

レゴスクールでプログラミング教室が行われていることをご存知の方も多いと思いますが、名古屋レゴランドジャパンではアトラクションの一つとして、ロボティック・プレイセンターで45分間のプログラミング体験ができます。

レゴランド名古屋のプレビューデーで、プログラミング教室を体験してきましたので、内容をレポートします。

行くまで内容は知らずに、楽しみにしていたい方はここでお戻りください。 予約必須の人気アトラクションです。

迷わずに予約を取るためのポイントをまとめたこちらの記事【レゴランドでプログラミング体験!ワークショップは朝一番に予約必須 】も行く前にご確認いただけると良いかと思います。

f:id:nokokoro:20170321004007j:plain

ロボティック・プレイセンターでレゴのプログラミング教室

スポンサーリンク

 

プログラミング教室は2種類

プログラミングを体験できるコースは年齢に応じて2種類あります。息子は小学1年生と3年生なので、ロボティック・フォー・ヤング・ビギナーを体験してきました。

どちらも45分間のコースになっています。

f:id:nokokoro:20170321004031j:plain

プログラミング【ロボティック・フォー・ヤング・ビギナー】

対象:小学1〜3年生 楽しく直感的な操作で小学生でも扱えるプログラミング教材レゴ® WeDo2.0。

レゴ® WeDo2.0ではブロックやモーターを組み合わせて、様々なロボットを組み立てる事ができます。探査機ロボット「マイロ」を組み立て、子ども達はペアになってプログラミングにチャレンジします。

ロボットが見事ミッションクリアできるよう、チームワークが試されます。

プログラミング【ロボット・ボックス】

最新版のプログラミングロボット教材、レゴ®マインドストーム®EV3を使って本格的なプログラミングにチャレンジします。

モーターの回転数を変えたり、ロボットの曲がる角度を変えたりと、子ども達は夢中になってロボットに指令を出します。自分の力で問題を発見し、繰り返しプログラミングにトライする事で、論理的思考力と問題解決力の育成にもつながります。

プログラミング教室のお部屋

体験するには予約が必須です。予約券を持って集合するとプログラミング専用の部屋に案内されます。

f:id:nokokoro:20170321004127j:plain

青いカラーで統一されたかっこいいお部屋には、壁面に沿って6個の作業台、中央に2つの大きな台があります。

f:id:nokokoro:20170321004134j:plain

作業台には4人が座れるようになっていて、2人づつペアになって作業をします。レゴブロックの箱と、ロボットのマイロ君、iPadがあらかじめ準備されています。

体験の流れ

お部屋に入ってからの簡単な流れはこのようになっています。

  1. スタッフさんの挨拶
  2. 体験内容の説明
  3. レゴ創作
  4. プログラミング体験
  5. まとめ
  6. 終了

スタッフさんの挨拶

まず最初にスタッフさんから自己紹介があって、子供達との距離を縮めるように、どんなアトラクションに乗ってきたのかなどの話をされていました。 お姉さんのテンションと子供目線の対応、さすがです。

センサーってどんな物なのか、エンジニアや開発者がどんな人なのかを簡単に説明してくれます。

f:id:nokokoro:20170321001452j:plain

体験内容の説明

次に体験内容のおおまかな流れが説明されました。部屋の前面にある画面を見ながら、スタッフさんが捜査方法の説明をしてくれます。

子ども達はレゴのロボット【マイロ君】を使ってミッションに挑戦します。

マイロ君についているモーションセンサーを使って、レゴで作った花を発見し、花をマイロ君の背中に乗せて、テーブル中央の赤い丸の中まで行って止まる一連の動きをプログラミングを使って指示をします。

ちなみに、花をマイロ君の背中に乗せるところだけは手動です。

レゴ創作

さて、レゴ創作のスタートです。作業台にある箱をあけると、中には整理されたレゴのパーツが入っています。

f:id:nokokoro:20170321001545j:plain

このレゴを使って花を作ります。ペアになっている2人で1個の花があればいいのですが、そこにレゴがあれば作りたくなってしまう息子達。

f:id:nokokoro:20170321001622j:plain

この体験のメインはプログラミングなので、簡単に花を作ってプログラミングを早く始めたらいいのに、花作りに夢中になってしまっています。

花が完成したら、ロボットのマイロ君についているモーションセンサーの位置を確認します。目の上についている小さな丸いものがそうですね。

f:id:nokokoro:20170321001645j:plain

ミニフィグは次男のお気に入りの1つ。レゴランドではスタッフさんとミニフィグを交換するミニフィグトレードも楽しみの1つです。

関連:レゴランドジャパンのマニアックな楽しみ方ミニフィグトレード!

ロボットのマイロ君も自分達で作るのかと思っていたのですが、すでに完成されたものが置いてありました。

ここまで出来たらスタッフさんを呼んでiPadのロックを解除してもらい、プログラミングを始めていきます。

プログラミング体験

部屋の中央の大きな台に移動して、マイロ君を動かすためのプログラミングをiPadを使って作っていきます。

f:id:nokokoro:20170321001906j:plain

操作はとても簡単で、動きを指示するアイコンをタップして選択して、好きな場所に動かして並べていきます。形がパズルのようになっている物もあって、子供にもわかりやすい工夫がされています。

f:id:nokokoro:20170321001929j:plain

前進する、止まる、モーションセンサーを起動する、音を出す、バックするなどの操作を指示するアイコンがたくさんあって、秒数やスピードも数字を選ぶことで変更することができます。

【マイロ君を発進→モーションセンサー起動→花を見つけて止まる→数秒後に発進→数秒後に止まる】と、マイロ君の動きを細かく分けて、動きにあったアイコンを当てはめていくのですが、結構難しいです。

初めてアイコンを見た人には動きが想像できない物もたくさんありました。特に、モーションセンサーがわかりにくい。

3年生の長男が夢中になって1個ずつアイコンを選んで動きを確かめながらプログラミングを作っていきます。

f:id:nokokoro:20170321002057j:plain

作業台の上では4体のマイロ君が動き回っています。動きはゆっくりなので、安心です。

スタッフさんからヒントをもらいながら作業を進めていきますが、1年生の次男にはちょっと難しくて、iPadを操作してアイコンを動かすとお兄ちゃんに怒られてしまうので、レゴでマイロ君を作って遊んでいました。

f:id:nokokoro:20170321002143j:plain

次男作のマイロ君にそっくりな、マイーロ君。

最後には二人揃ってプログラミングの通りにマイロ君が動かして、中央の赤い丸の中にマイロ君をピタリと止める事に成功しました。

体験のまとめ

45分間の体験、あっという間に時間が過ぎていきます。

プログラミングを終えて作業台に戻ると、スタッフさんが今日のおさらいをします。 園内でもモーションセンサーが使われている場所を教えてくれて、体験後にもセンサーやプログラミングに興味を持っていけるような話をしてくれました。

終了

プログラミング体験が終了すると、最後にJr.モデルビルダー認定証がもらえます。

f:id:nokokoro:20170321002302j:plain

日付と名前を書き込む欄があって、とってもかっこいい! 大きさはA5サイズです。他のコースも体験して認定証を集めたくなりますね。

ロボティクス・フォー・ヤング・ビギナーのまとめ

レゴのプログラミング体験ができるこのコース、対象が小学1年生〜3年生となっていますが、初めてだと3年生でも少し難しく感じました。簡単すぎないところが良くて、1回の体験だけではプログラミングをマスターするなんて事は出来ないのですが、エンジニアへの興味を持つきっかけになります。

自分の手で動かすのと違って、ブログラミングを通して動かすためには動作を細分化して1個ずつ指示を与えないといけないとわかった事だけでも大きな気づきだと思います。

普段見慣れているゲームや、信号、自動ドアなどの身近な物にもプログラミングやセンサーが使われている事がわかりました。

終わった直後からもう1度やりたい!とリクエストがあるほど、楽しんでいました。

次のページ:レゴニンジャゴー・ライブは躍動感と輝きが満載で惚れた!