読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のこころ

こぶりな暮らしで生活を豊かにすることをポリシーにしている30代女のブログ

子どもの描いた絵や手紙どうしてる?生活を豊かにする使いかた

子どもが学校や保育園で作成した絵やお手紙。
どれもその時々の成長が感じられてとても素敵ですよね。この時の事を忘れたくないし、大きくなってからも見て思い出せるようにとクローゼットなどで大切に保管していますか?
 
今この時の良さは今堪能したいので、しまっておくのではなくて生活の中に取り込んでみてはどうでしょうか? 

f:id:nokokoro:20160530225821j:plain

生活を豊かにする

私のテーマは「生活を豊かにする」ことです。「豊か」とは経済的な事ではなくて、心が豊かになるような生活を送りたいと思っています。
生活を豊かにするために、子どもの絵や手紙を活用できないか考えた時に思いついたのが「生活の中に取り込む」ことです。
 
普段よく利用するんだけど、常に見えていない場所に飾ることで、日常生活を送る中でちょっと嬉しい気持ちになれるのです。
 
飾る場所を決めていつも見えるようにするのもいいと思うのですが、ここはあえて普段は目につかない場所に飾ることを提案したいと思います。
 

どこに飾るの?

普段よく使うけどいつもは見えない場所なので、収納場所の中が良いと思います。
  • 冷蔵庫の中
  • 食器戸棚の中
  • 洗面所の扉の中
中にしまったら飾っているとは言わないか!?でも、これで良いのです。
 
実際に私の日常で、どのように活用されているのか聞いていただけますか?
 

【冷蔵庫の中のお手紙】

ある平日の夕方・・・
「今日の仕事はちょっとハードだったな。」
 
仕事が段取り通りに進まず、定時より遅れて退社した母。疲れた足取りで子どもを迎えに行き、自宅に到着すると休む間も無く夕飯の支度に取り掛かります。
 
「夕飯のメニュー考えてなかったな。食材は何があったっけ。」
 
仕事の疲れのためか、夕飯の準備にも気持ちが入らない様子です。
 
「今日は簡単にすませてしまおう。確か卵があったはず。」
 
母はおもむろに冷蔵庫を開け、卵を取り出そうと手を伸ばすと…そこにあるのは息子からのメッセージカード。
 
『かあさんへ いつもご飯を作ってくれてありがとう。』

f:id:nokokoro:20160530230633j:plain

これを見た母は先ほどまでの重い表情から一転して笑顔になっています。
 
「いえいえ、どういたしまして!今日もたくさん食べてもらえるようなご飯作りますよ!」
 
腕まくりをした母は今日も夕飯作りに励むのでした。 つづく…?
 
というわけです。
単純ですが、これは本当に元気が出ます!
 
(冷蔵庫の中に食材以外のものを入れるのは衛生的にちょっと…と思われる方はおやめくださいね。)
 

他には?

食器戸棚の中には息子の描いたお弁当の絵が飾ってあります。
お弁当の絵には卵焼きとピックに刺した肉団子やおにぎり描いてあり「ママさんおべんとありがとー」のメッセージ付きです。
週末にお弁当を作る時にふと目に入ってくるこの絵を見ると、やる気が出てきて美味しい卵焼きを作りたくなるのです。
 
洗面所の扉の中には私の似顔絵が飾ってあります。
ものすごく笑顔の似顔絵が飾ってあるのですが、鏡を見ると子どもを叱った時のままの自分の顔が映っている…。「これはいけない」と慌てて顔を洗います。
顔を洗ってお化粧をする時にこの絵を見ると、笑顔で一日過ごせるようにと気持ちを切り替える効果がありますよ。
 

まとめ

わざわざクローゼットから出してきて見るのではなくて、”ふとした時”に自然と目に入ってくるのが「生活の中に取り込む」良いところです。
 
この方法でも飾っていた事を忘れているくらいなので、私の記憶力ではせっかくの手紙を大事にしまっておいても、存在を忘れてしまいます。
何事もキッチリやれる方はきれいに整理・保管していられるのでしょうが、これくらいのゆるい感じが私にはちょうど良い。
 
皆さんはどうしてるのかな?