読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のこころ

こぶりな暮らしで生活を豊かにすることをポリシーにしている30代女のブログ

老舗喫茶店のまかない「ツナマヨのっけトースト」レシピ

暮らし

朝はパン派のあなたに、お伝えしたい。喫茶店で食べるような最高に美味しい作り方の秘訣を。

喫茶店みたいなパンが家でも食べれたら嬉しいですよね。

学生時代に名古屋の老舗喫茶店でアルバイトをしていた時に、お店で出される商品を何度も食べていましたが、これは商品にした方が良いのではないかと思えるほど美味しい”まかない”がありました。

キッチンにいる人だけが食べる事が出来たまかないのツナマヨのっけトースト

パリッと香ばしく焼けたパンと、ジューシーに広がるツナマヨの味がたまりません。ツナなのにジューシー?と思うかもしれませんが、作り方に秘訣があります

今回はそんな老舗喫茶店で仕込んだまかないレシピをご紹介します。

まかないパンにちょっと飾り気をつけて、見た目も味も楽しめるようにバケットで作ってみました。食パンでも、ロールパンでも、バケットでも楽しめる作り方です。

f:id:nokokoro:20161126122652j:plain

甘いのがお好きな方はおちらもどうぞ。

www.nokokoro.com

ツナマヨのっけトーストのレシピ

材料を準備する

準備する材料はこちら。家にいつもあるような食材でできます。バターはあらかじめ室温において柔らかくしておくと使いやすいです。

  • バケット
  • バター
  • スライスチーズ
  • ツナ缶 1缶
  • 玉ねぎ 1/4個
  • マヨネーズ
  • ブラックペッパー

作り方

作り方はとても簡単なので、ジューシーになるポイントを押さえていきましょう。工程はこちらです。

  1. ツナマヨを作る
  2. パンを切ってバターを塗る
  3. 具をのせる
  4. トースターでこんがり焼く

1.ツナマヨを作る

細かくみじん切りにした玉ねぎ、ツナ缶、マヨネーズ、ブラックペッパーを混ぜます。

f:id:nokokoro:20161125133617j:plain

この玉ねぎがジューシーになるポイントの1つ目です。焼いた時に玉ねぎから出てきた旨味がツナマヨと合わさってジューシーさが出るのです。

細かく切るのは火が通りやすくするためです。玉ねぎの辛味が好きな方は、粗めに切ってもいいですね。

2.パンを切ってバターを塗る

具材の準備ができたら、バケットを1.5〜2㎝くらいの厚みに切ります。

f:id:nokokoro:20161125133620j:plain

そして先にバターを塗ります。バターは風味付けの他に、具材の水分がパンに染み込むのを防ぐ役割もあります。水分が染みてベチャッとしたパンは美味しくありませんからね。

バターが固い時は、レンジで数秒温めると塗りやすくなります。

3.具をのせる

具材をのせていきましょう。まずチーズを下に置いてからツナマヨをのせます。

f:id:nokokoro:20161125133623j:plain

ジューシーポイントの2つ目がチーズをツナマヨの下に入れる事です。

焼くとチーズがとろけて柔らかくなってツナマヨと合わさってジューシーになるのです。チーズを下にですよ!

4.トースターでこんがり焼く

いつものトーストよりも少し長めに、ツナのふちにほんのり焼き目が付いてくるくらい焼いたら丁度いい具合です。完成!

f:id:nokokoro:20161125133626j:plain

うちでは普段のトーストでは2分半のところを3分半〜4分くらいにしていますが、ご家庭のトースターで最適な焼き時間を見つけてください。

見た目はかなり地味なので、上からパセリをかけると写真映えします。

いただきます!

さぁ、丹精込めて作ったツナマヨのっけトーストをいただきましょう。

パリッと焼けたバケットをちぎると、ふんわりしたパン生地、とろけたチーズとツナマヨからいい香りがしてきます。

f:id:nokokoro:20161125133630j:plain

どんな味がするでしょう?

バケットのパリッとした食感にバターの香りがふわっと広がります。とろけたチーズと合わさったツナマヨがとってもジューシーでたまりません。

ジュワッと感を楽しんでいると、玉ねぎとブラックペッパーの辛味さがピリッと効いて味を引き締めてくれます。

はぁ、これはいい。満足。

今回はジューシーさを楽しむためにチーズを下に入れましたが、上に乗せて焼き目をつけて香ばしい味を楽しんでも良いですね。

同じ食材でも少しの工夫で全然違った味になるのが、料理の楽しいところです。

いかがでしたか。休日の朝に普段とちょっと違ったトーストを楽しんでみてください。

調理道具紹介

パン切り包丁 

バケットのような硬めのパンや、トーストしたパンを切る時にあると便利なパン切り包丁。

普通の包丁だとうまく切れずにパンが潰れてしまったりしますが、波状の長い刃が特徴のパン切り包丁だと、焼いた硬めのパンでもザクザク気持ち良く切る事ができます。

トーストしたサンドイッチなんかは、全然切れ具合が違って潰れずにきれいに仕上がります。 もちろん柔らかいパンもきれいに切れます。

パン好きの方は一本あると重宝しますね。