読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のこころ

こぶりな暮らしで生活を豊かにすることをポリシーにしている30代女のブログ

5月は運動会!子どもと作戦を考えよう。

私の住む学区は5月に運動会があります。

運動会といえば秋のイメージが強かったのですが、学校によって違うのですね。
 f:id:nokokoro:20160507223442j:image
体を動かす事が好きな長男は運動会をすごく楽しみにしているので当日が近づくとソワソワし始めます!
今年は次男も入学したので運動会デビューで、二人とも同じ白組になったようです。
 

家族会議

月初の家族会議で、運動会にどう取り組むのか話しをしたら、子どもの視点がおもしろいなと感じた事がありました。
 
【議案】運動会の作戦
母「今月は運動会があります!楽しみ?」
8才兄「うん!二人とも白組だから、ママさん応援しやすいね」
6才弟「ぼくポンポンつけておどるよー!」
 
母「では、運動会の作戦を考えてみようか?」
兄「うん。僕は足を鍛えて速く走る!」
弟「踊りの練習をいっぱいするー!」
 
母「いいね、いいね!白組勝つぞって応援するね?」
兄「でも、勝負だけじゃないよ」
母「おおっ!そうだね。」
弟「元気に踊ると楽しいよ!」
母「うん、うん!」
兄「前の運動会より速く走れるように鍛える!」
 
母「では、運動会の作戦は2つかな。
①去年の自分より身体を鍛えること
②元気に楽しく踊ること」
 
ついつい、紅組vs白組の勝負に気が行ってしまいがちですが、「勝負だけじゃない」事が子どもの方から意見が出るとは思いませんでした。
 

子どもから教わる事

勝ち負けだけではない。
踊りも楽しんで取り組む。
身体を鍛えて強くなる。
去年の自分より強くなる。
 
学校行事もこうやって、どんな気持ちで取り組むのかを子どもに確認すると、考え方がそれぞれ違う事が分かりました。
 
弟は何より踊る事が楽しみなのね。
確かに保育園の時も全力で笑顔で嬉しそうに踊っていたな。
 
兄は帰宅時の階段も鍛錬の場に使っています。速く走れるようになりたいのね。
 
運動会当日だけでなく、それまでの過程も楽しんでいきます。