読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のこころ

こぶりな暮らしで生活を豊かにすることをポリシーにしている30代女のブログ

忘れ物が多い子どもが心配!効果のあった対策とその後…

子育て親育て

お子さんは学校の持ち物をしっかり自分で管理できていますか?

小学1年生の次男の忘れ物がひどくて、私はとても心配しています。

次の日の持ち物を忘れないように、学校では連絡帳に書かせる時間を取ってくれているのですが、持ち物を書いた連絡帳を学校に忘れてきてしまうのです…。

テストや宿題のプリントに名前を書かないのは日常茶飯事、忘れてきた物を何度取りに戻ったことでしょう。 こんな状態で息子は大丈夫なのでしょうか。

自分では考えられないような息子の忘れ物の経歴と、試してみて効果のあった対策をご紹介します。

忘れ物大丈夫?

忘れ物の多い子供、大丈夫かな…

スポンサーリンク

 

次男の忘れ物遍歴

外に出たら寒いでしょう?

立春は過ぎたとは言え、まだまだ冷え込む日が続いていますね。その日も一時的にみぞれが降る、とても冷え込んだ日でした。

学童に迎えに行くと、帰る準備をした息子が部屋から出てきました。とても寒そうに身体を縮こめて手をポケットに入れています。今日も寒いから上着を着るように話をすると、「学校に忘れちゃった」と言います。

忘れちゃった?この寒いのに?上着を忘れる?気付くよね?気付かない?…いやいや、普通は気付くでしょう。心の中で浮かんでくる疑問の数々。

帽子を忘れてくることはあっても、寒い日に上着は忘れないでしょう。…と思うのですが、何かに気を取られていたのでしょうか。もしかしたら、全然寒くなかったのでしょうか。何か理由があったのでしょうか。私にはわかりません。

忘れ物をする度に、落ち着いて一つずつ確認するように伝えているのですが、効果がありません。

連絡帳に書いたら気付くでしょう?

学校から配布されたプリントに親が記入をして、学校に提出しなければならない事はよくあります。その日も、転居の確認事項のプリントを記入してすぐに息子に持たせていました。

学校から帰宅して連絡帳を見ながら次の日の持ち物を準備していたので、一緒に確認をしました。連絡帳に「プリントをわすれました」と赤く書かれています。忘れ物があると、次の日に忘れないように赤鉛筆で書くように指導されているのです。

そのプリントは間違いなく前日に息子に渡して、連絡袋に入れてありました。 忘れたプリントはどこにあるのか聞いてみると、連絡袋に入っていると答えます。

・・・?

もし、提出するのを忘れていたとしても、連絡帳に書いたときに気が付いて提出したら良いと思うのですが、一体どういう事なのでしょう。謎です。

気付かないかな?

毎週金曜日は家庭で洗濯する為に体操服、給食のエプロン、上靴など、学校からたくさん荷物を持ち帰ってきます。その日も、帰宅すると順番に洗濯物のかごに出して片付けていました。

すると眉毛をハの字にして上靴袋を持った息子が「上靴忘れてきちゃった」と言います。

上靴袋を手に持って帰った来たのに、今の今まで中に上靴が入っていない事に気付かなかったと言うのですか? はて?これはもう手の施しようがないですよ?

空っぽの上靴袋を鼻歌を歌いながらブンブン振り回していた息子の頭の中は、さぞかし楽しい思考が巡り巡っていた事でしょう。学校を楽しんでいるのは、日頃の話からよく伝わってきます。

どんな対策をすればいいのか、もうわかりません。

学校を楽しんでいるなら良いんだけど

大丈夫か…

さすがにここまでくると心配になります。ついウッカリのレベルを遥かに超えています。昨日は息子の筆箱を開けてみたら、子どもの小指ほどに短くなった鉛筆が1本コロンと入っているだけで、あとは消しゴムの屑しか見当たりません。鉛筆をいく先々で忘れてきたらしいのです。

「たぶん…道具箱に1本は入っているとおもう…」

いかにも自信なさげに言う姿を見て、これでは学校で本来の学習に集中できないと思い、対策を考えるために友人に相談をしたら、良い情報を教えてもらいました。

ピピピ!で忘れ物対策

友人に忘れ物の事を相談すると、先日テレビで良い方法が紹介されていたと教えてくれました。その情報を元に調べてみると、NHKのあさイチで1月30日に放送された内容で、オノマトペで忘れ物を減らす方法があるそうです。

オノマトペとは、シャーッ・バキッ・ドドドド、などといった擬音語・擬態語のことです。

NHKあさイチより引用

「ピピピ」と言った後に忘れたくない持ち物を言うだけの、とても簡単な方法でした。

この話を聞いた日にも息子は例のごとく、学校に連絡帳と傘を忘れてきていました。効果を検証する良い機会です。 私の言った後に続いて、3回ほど繰り返し言ってみました。

ピ ピ ピ!れんらくちょう、か〜さ!

リズムに乗って言ってみると、ちょっと楽しい。その後しばらくしてからも、「ピピピ!れんらくちょう、か〜さ♪」と口ずさんでいるのを見ると、期待できるような気がします。

翌日どうなったかと言いますと、持って帰ってきました。忘れていた連絡帳と傘がちゃんとあります。効果がありました!

その日の夜も、連絡帳に書いた持ち物をピピピ!の後に繰り返し言っていると、翌朝忘れずに学校に持って行くことができていました。

オノマトペ効果、すごいです。

最後に

我が家の忘れ物問題は、めでたく解決!…とはいきませんでした。

連絡帳と傘を忘れずに持って帰ってきた日、息子は給食袋を学校に置き忘れてきたのです(ー ー;)

ピピピ!の後に言っていない物には、全然意識がいっていないのです。 基本的な物を忘れてしまうので、筆箱、連絡帳、給食袋、傘、教科書、ノート、体操服、帽子、名札、ハンカチ、手提げカバン…全ての物を毎日ピピピ!と言う訳にもいきませんよ。さすがに覚えきれませんよ。

少しずつ忘れ物を減らせるように、地道に気長に付き合っていきます。ダメだと思うのだけど出ちゃうんですよね、ため息が…

はぁ。